代表の三角がシステム運用を代行するMSPの会社を経営をしていた当時、アウトソースを受けていた運用業務の7割は、システムを維持する為の繰り返しの業務であり、オペレータと呼ばれる運用要員が一つのミスなく同じ業務を繰り返し行う必要がありました。もし、一つミスするとサービスに影響を及ぼし、手順通りにコマンドを打つだけでも、大変な緊張を強いる事になる為、このような業務は人が行う必要があるのか疑問に感じておりました。また、システムを維持する業務は表立って変化が無い為、顧客から成果が見えにくく評価されにくい反面、なにかトラブルが起こると何をやっているんだと非難されてしまい、運用要員のモチベーション維持も大変難しい業務でした。

そこで、運用要員に精神的な負荷をかけ、評価されにくい繰り返しのシステム運用維持業務を、自動化させるシステムの開発に着手する事に決め、2005年より開発を開始いたしました。しかし、このシステムを開発するにはネットワークからアプリケーションまで幅広い知識と深い経験を持つエンジニアが必要で、何回も開発にチャレンジしては失敗を繰り返しておりました。IPA未踏 スーパークリエイタの服部は、自動化システムの話を聞き、自分の技術があれば作れるのではないかと考え、2011年に開発に参加し、システムのアーキテクチャーなど根本から作り直すことで、システム運用自動化プラットフォーム「Kompira」を開発致しました。

  • フィックスポイント技術者ブログ

製品・サービスに関するお問い合わせ窓口

  • Webからのお問い合わせ窓口へ
  • 電話 03-6418-6050 受付時間 : 平日9:00〜18:00

お気軽にお問い合わせ下さい

トップに戻る