フィックスポイントとはABOUT FIXPOINT

数学における不動点である「フィックスポイント(fixpoint)」。
新しい技術が次々に生まれる中で、変わらず価値を持ち続ける「不動点」を提供する。
それが私たちの思いです。

技術が進歩する中、今だに人手が中心の運用

IT化が進む現代社会において、システムの24時間稼働は生活に必要なあらゆるサービスの必須条件です。携帯電話やクレジットカードはもちろんのこと、オンラインサービスの進歩によって金融や物流も24時間稼働が前提条件となっています。
しかし、実際の運用に関しては交代制で運用要員が業務にあたっているのが現実です。私たちの生活を便利にするシステムのすべては人の手によって守られており、わずかなミスも許されません。運用要員にとって心身ともに負担が大きく、人員の確保も難しいのが現状です。

運用を人手から自動化へ

代表の三角が疑問を感じ続けていたこの仕組みを変えようと、運用の自動化の開発に着手したのが2005年。失敗を繰り返しながら、2011年に現CTOでありIPA未踏 スーパークリエイタである服部の開発参画により、システム 運用自動化プラットフォーム「Kompira」が誕生しました。
これにより、今まで人手に頼ってきたシステム運用を自動化し、人的ミスを大きく減少させることに成功したのです。

フィックスポイント

運用自動化=人的ミスの減少+業務の効率化+生産性の向上

運用自動化のメリットは人的ミスの削減だけではありません。運用に多くの時間を割いてきた運用要員の心身に余裕が生まれたのはもちろんのこと、業務の効率化によってさらなる開発の時間を得ることができるようになります。これにより、生産性の向上も可能になるのです。
私たちは情報システムの分野の中でも、人手によるモチベーションを保ちにくいシステム運用の業務を自動化し、生産性を向上させて、システム運用業務に携わっていた時間を、付加価値を提供できるシステム改善や要望保守業務に専念出来るよう、ビジネスの進化と個々人の豊かな生活を保つ事に役立っていきたいと考えています。

フィックスポイントの製品
Kompiraを見る