エントリーする

社員INTERVIEW

目標に向かって
走り出した私たち

大山凌加・増田悠里

profile

2021年卒
セールス&マーケティング部


フィックスポイント大山

大山凌加 Ryoka Oyama




三井:皆さんこんにちは。フィックスポイントにて採用を担当している三井です。2021年4月にフィックスポイントは9名の新卒メンバーを迎えました。
入社して3ヶ月目が経ち、そろそろ仕事にも慣れてきた頃かと思いますので今日は4月に入社した新卒メンバー2名にインタビューをしていきたいと思います!大山さん、増田さん今日はよろしくお願いします!

では早速お二人の学生時代からお話を聞いていきたいと思います。
学生時代に取り組んできたことや、頑張ってきたことをそれぞれ簡単に教えてください。
大山さんからお願いします。

大山:2021年に新卒として入社した大山です。
学生時代はインターンに参加をしたりボランティア活動に熱中したりしていました。
インターンについては IT企業でライター業務を担当していました。ボランティアでは海外にルーツのある子どもたちへの日本語・学習支援ボランティアをしていました。そのボランティアは社会人になった今も継続して活動しています。

三井:ボランティアは今も継続しているんですね!インターンとボランティアを始めようと思ったきっかけも教えてください。

大山:もともとPCが苦手だったのを克服したくてPCを使わざるを得ない環境に身を置こうと思ってIT企業でインターンを始めました。
インターンなら社会人の基礎も学べると思ったのも理由の1つですね。
ボランティアは大学で日本語教員になるための授業を選択しており、授業で学んだことを実際に現場に立って実践してみたいと思って挑戦しました。

三井:実際現場に立ってみてどうでしたか?

大山:「海外にルーツのある子ども」と一括りに言ってもやっぱり一人ひとりの個性はバラバラで学んでいることや興味の対象が全く異なるので、一人ひとりに合わせて授業計画を立てて学んでいくのが楽しくて、子どもの成長を通して私自身も成長できたように感じます。

三井:ありがとうございます。 次に増田さんも学生時代に熱中して取り組んだことについて教えてください。

増田:2021年に新卒入社した増田です。 私は、「知るカフェ」という組織でアルバイト兼インターンを3年半やってました。 最初はカフェのオープニングスタッフとして採用されたんですけど、 どんどんチャレンジする幅を増やして自店舗のシフト作成から始まり、全店舗のシフトの確認も担当しました。
その後は九州や名古屋にも出張しながら、カフェとして衛生面に問題がないかをチェックする内部監査業務も行っていました。 その中でも一番印象に残っているのはインドで海外インターンとしてインド工科大学構内で知るカフェの新規店舗の店舗立ち上げをしたことです。

三井:カフェのオープニングスタッフで応募したのに、県外の店舗の衛生チェックや海外支店の立ち上げまでやっていたんですね! アルバイトとしてはかなり任されている領域が広いと思いますが、知るカフェにてアルバイトを始めて色々なことに挑戦するに至った経緯を教えてください。

フィックスポイント増田

増田悠里 Yuri Masuda

増田:アルバイトを探しているときにたまたまSNSで求人の広告を見て、駅からも大学からも近かったので普通のカフェのスタッフとして応募しました。 当時、研修期間が2週間程度あったんですけど、研修期間中に他の店舗ですでに働いていた先輩たちの「こういうことに挑戦したよ~」とか「インドで店舗立ち上げしてきたよ!」というエピソードを聞いて自分もやってみたいって思って色々挑戦してきました!

三井:そうなんですね! やれることが多いと、その分大変なことも多いイメージがありますが、何か大変だったことや苦労したことがあれば教えてください。

増田:大変だったことは本当にたくさんありました。 特に強く印象に残っているのが、大学2年生の春休みを使って丸々2ヶ月インドに行ったときのことなのですが、2ヶ月滞在する予定だった大学構内の学生寮がまだ建設中で出来上がってなかったり、シャワーを浴びたら目が腫れてしまったりお湯が出ないのも日常茶飯事でしたね。笑 カフェの立ち上げももちろん大変だったのですが、生活基盤もとても過酷な環境でした。

三井:それはかなり壮絶な2ヶ月でしたね。 無事カフェの立ち上げは成功したのでしょうか?

増田:カフェは無事に立ち上げを見届けることが出来ました!

フィックスポイント増田フィックスポイント増田

三井:お二人ともかなりアグレッシブな学生時代を過ごしてきたんですね! では次にそんなお二人がフィックスポイントに入社を決めた理由を教えてください!

増田:私は最初からIT業界に絞って就活をしていました。 その中で決め手になったポイントをお話すると、私の父が不定期で職場に呼び出されるような環境で仕事をしていたんですね。 家族で過ごしていても急に電話がかかってきて対応したり、職場に行ったりする働き方だったんです。 そういう父の姿と、代表の三角や会社説明会で聞いた「システム運用担当者の方々が24時間365日交代で張り付いて業務に従事されている」というお話に重なる部分を感じ、自分もそういった働き方を解決していきたいと思ったのが入社の決め手になりました。

三井:IT業界に絞っていたのは何故ですか?

増田:先程お話したインターン先が先がHR×ITで事業を展開していたのですが、インターン先からの受ける影響がすごく刺激的だったというのが大きいです。
最先端の技術やツールを使っている点や、変化も激しい業界なので飽きることなく挑戦し続けられそうな環境と、新しいことにいっぱい触れられる環境が刺激的に思えたのだと思います。

三井:フィックスポイントと迷った会社はありましたか?

増田:人材系の会社も受けていて内定も頂いたのですが、最終的には父の姿とフィックスポイントが目指してる世界が重なった点が大きく、フィックスポイントに入社を決めました。

三井:ありがとうございます。 大山さんもフィックスポイントに入社を決めた理由を教えてください。

大山:私はもともと就職活動を2つの軸で進めていました。 1つ目は、「課題解決ができるか」 2つ目は、「若いうちから色々なことにチャレンジできるか」この2つを軸に業界業種問わず幅広く見ていました。 その中でフィックスポイントに入社を決めたのは2つ理由があります。 1つ目に、チャレンジできる環境・風通しがいい環境があると感じたからです。 働いている社員の声を聞いて、チャレンジすることを応援してくれるカルチャーがあると感じました。
2つ目は、最終面接の時に三角に”大切にしていること”を聞いたのですが、三角からは「自分が引退するときに社会や人のために役に立つことができたと思えるように日々働くことを大切にしている」と回答をもらいました。 その回答が自分の中でぼんやり描いていた理想の社会人像に近いものを感じ、入社を決めました。
あとは、選考でオフィスに行ったときに三角と社員とのコミュニケーションも垣間見えたのですが、社員同士のコミュニケーションのラフさや、会社のカルチャーも見えて自分に合いそうだと思ったことを憶えています。



三井:他の会社と比較したときに感じたフィックスポイントの雰囲気のよさってどんな点でしょうか?

大山:代表の三角と気さくにコミュニケーションを取れる関係性が他の会社と比較した時の特徴だと思います。

増田:確かに距離が近くて話しやすいです。入社前後のギャップもなく思ってた通りの方でした。

三井:そういえば新卒メンバーは毎月三角とのフリーディスカッションの時間がありますが、あの時間はどんな時間ですか?

増田:三角自身が私たち新卒メンバーに対して質問しやすい雰囲気を作ってくれるのでざっくばらんにいろんなことを話す時間になっています。

大山:業務に関わることはもちろん、三角が最近読んだおすすめの本など教えてくれたり社会人としての素地を磨く時間になっています。



三井:入社前後のキャップもなく、いい関係が築けているようで良かったです! では次の質問です。 お二人は現在それぞれセールスチーム・マーケティングチームに分かれてジョブローテーション中だと伺っています。それそれどんな業務をやっているのか教えてください。

大山:私はマーケティングチームでジョブローテーションをしています。 一番最初に任されたのが大型イベントの出展管理です。IT Week というイベントが5月に行われたのですが、そのオフラインイベントの運営をしました。 来場されていた参加者の皆さんと交換した名刺をスキャンして、名刺のデータを集計したり、出典したブースの設営なども対応しました。
あとはマーケティングチームで使用しているマニュアル作成を行い、チーム全体の効率化を図ったり、お客様とのメールのやり取りなども任せてもらっています。 当社主催の講演会の準備でゲストスピーカーの講演内容の動画撮影なども行い、入社して3ヶ月ですが色々なことを経験しています。

三井:ありがとうございます。この3ヶ月で一番印象に残っている業務はなんですか?

大山:イベントの運営ですね。 高校生のときに、お祭りの企画運営に携わり、とても楽しかった思い出があるので今回もイベントの運営にはすごく前のめりな姿勢で取り組んでいました。 ただ実際にやってみると、華やかなイメージを持っていたマーケティング業務は、意外と地道な作業も多くそのギャップも面白かったです。 また、そういう業務のおかげでイベントが成り立っているということも経験できたので印象深く残っています。

三井:増田さんもどんなことをしているか教えてください。

増田:私はセールスチームにて、アポイントの獲得とお客様に対する製品説明をしています。 展示会で名刺交換したお客様や、ホームページからお問い合わせいただいたお客様にフィックスポイントの製品を説明させていただいて、2回目のアポイントに繋げるということを目標に頑張っています。 製品の説明は自分で対応して、Q&Aやお客様の運用環境のヒアリングなどは先輩社員と一緒に対応しています。 毎日先輩社員とロープレをして、徐々に自分で対応できる領域を広げて独り立ちできるように頑張っている段階です。

三井:先輩とのロープレ、毎日やってると聞いています!

増田:そうです!毎日朝9時から1時間程度やってます。 毎日やっているので、成長している実感がかなりあります。 他の新卒メンバーと一緒にロープレをやっているのでもちろん刺激も受けますし、お互いにフィードバックしあうことで更に説明の仕方がブラッシュアップされていると感じてます。
あとは、製品そのものの知識はもちろんですが、製品の周辺知識もしっかり抑えていないと答えられないような難易度の高い質問を頂いてその回答を自分の言葉で説明できた時、すごく成長を実感します。
5月から実際にお客様に対して製品の説明をしているのですが、お客様から褒めていただくこともあってとても嬉しいです。

三井:自分自身で成長が実感できるというのはモチベーションもあがりますし、何より楽しいですよね。環境を楽しみながら成長している姿が伺えました! お二人は今後どんなビジネスマンなりたいですか?

増田:「自分がいると安心してもらえるような人」になりたいと思っています。 「今日は増田がいるから大丈夫そう。」とか「今日のアポは増田だから大丈夫だね。」と言ってもらえるような人になりたいです。
そのためには技術サイドのテクニカルな知識や、受注件数の実績などが必要になってくると思うのでそれに向けて頑張っていこうと思います。 あとは、ITILファンデーションという、ITサービスマネジメントについての認定資格を5年以内に取りたいと思って勉強しています。

大山:私は「一緒に働くメンバーに信頼してもらえる人」になりたいです。 そのためには、増田も言ってた通り技術サイドのテクニカルな知識の強化をして、お客様と対等にお話しができるよう成長したいと思います。



三井:二人から「技術的な知識の強化」という言葉が出ましたね。 技術的なことを覚えるために取り組んでいることはありますか?

大山:先輩たちにアドバイスをもらって、わからない単語をオリジナルの単語帳にまとめたりよく聞かれることを表にまとめたりしています。 個人で作っている単語帳もありますし、同期のメンバーを共有しあいながら使っている単語帳やQ&Aシートもあります。

増田:私ももともとITに詳しいわけではなく、0からのスタートだったので大山同様に自分のオリジナルの単語帳を作っています。 ただ、わからない単語に出会って、どういう意味だろうとその単語の意味を調べると説明文にまた知らない単語が出てきて更にそれを調べて…っていう無限ループにハマってしまうこともありますね。 最近は少しづつ自分の中で知識同士が繋がり始めて、その単語の背景などより広い面で理解できるようになってきたと思います。



三井:二人ともとても頼もしく成長していますね! ちなみにリモートワークという環境はどうですか?

大山:知らないこと・人だらけの新しい環境であること、更にリモートで仕事がちゃんと回るのか正直不安だったのですが、実際はSlackやzoom、teamsなど色々なツールを駆使してコミュニケーションをたくさん取りながら仕事ができています。

増田:本当にリモートワークでもこんなにコミュニケーションが取れるんだ!っていうのはかなり驚きでした。

三井:実際、入社二日目からリモートっていうのは正直不安とかありましたか?

大山・増田:(うなづく。)

三井:そうですよね。笑

大山:私の場合はそもそも電子機器にも強い方ではなかったのでPCの調子が悪いとか設定系もわからないことも多かったんですが、相談すればすぐに誰か教えてくれますし助けてくれる環境ですね。

増田:あとは、対面と比較すると質問すること自体も楽な側面もあると思います。わからないことはテキストメッセージで連絡して、手が空いてるときに返事ください。って言えばいいだけなので。

これが対面だと、相手が忙しそうにしているから気を遣って別のタイミングで聞こうと後回しにして結局聞けず、、ということもあると思いますが、リモートだとそういう対面ならではの気遣いが不要なので質問のハードルも低いです。 あとは回答もテキストで返信をもらうので後から見返すことができます。その辺りも便利ですね。

三井:確かに!対面と比較すると質問のハードルは下がりますね。 ちなみに二人はフィックスポイントはどんな人が活躍できる環境だと思いますか?

増田:吸収意欲や自走力があるひとですかね。 自分で調べたり、自分で質問できたりたりする人が活躍出来る環境だと思いますし、そういう人と一緒に働きたいです。

大山:手を挙げたら任せてもらえる環境なので、チャレンジしたい人にいい環境だと思います。

三井:実際に手を挙げて何か任せてもらえたことってありますか?

大山:JAIPA(日本インターネットプロバイダー協会)での活動ですね! 先輩から概要の説明を受けてやりたいですと手を挙げて増田と一緒に活動に参加させてもらっています。こういった社内外問わず活躍のチャンスをもらえるのはとても楽しい環境ですね。

三井:社外での活動もされているんですね!

大山:はい。JAIPA主催のイベントがあるので、イベント開催に向けて企画や運営をなどを手伝っています。就職活動時、軸にしていた「若いうちから色々なことにチャレンジできるか」を早くも実現できています。
また、入社して3ヶ月でこういったチャンスをいただけるのは非常にありがたいですし、社外の人と一緒に何かを創り上げる経験を積めるのも刺激的です。

増田:大山の言う通りとても楽しくて刺激的ですね。社内とはまた違った成長を感じています。 今後も色々なことにチャレンジしていきたいですね!

三井:お二人とも社内外で活躍している姿が頼もしいです。 今後の成長もとても楽しみです。今日はありがとうございました!




about me!

座右の銘


大山|No Rain, No Rainbow
増田|選択を正解に

仕事とは?


大山|誰かの役に立つこと
増田|手段

こんな仲間が
欲しい!


大山|チャレンジしたい!
という方
増田|自走・自責が
できる人

今いちばん
やりたいこと


大山|カラオケ
増田|グランピング、
昼呑み

社員INTERVIEW

募集職種一覧